人気のある包丁

人気のある包丁の種類と特徴

包丁の種類はさまざまです。鉄の鋳造技術と調理法の進化に伴い、日本国内はもちろん、海外でも多くの物が生まれました。一般家庭で最も使用頻度が高く、人気があり売られているのは、三徳です。

三徳は万能とも文化とも呼ばれています。元々、菜切り用だったものが、西洋料理の流入によって、牛刀の特徴が備わって、現在の形になりました。野菜を切るのも、肉や魚を切るのも、これ一本で済んでしまいます。

「三徳」とは、三つの美徳、三つの用途を意味すると言われています。なにかと忙しい現代では、重宝な包丁です。また扱いやすさから、料理初心者が最初に使用するものとしても相応しいです。

メーカーで人気があるのは、手に入りやすさと扱いやすさで、グローバルや貝印、ヘンケルスのシリーズなどが名が上がります。これらは比較的安価でありながら品質がよく、コストパフォーマンスに優れています。専門店でなくとも、デパートやホームセンターでも買うことができます。材質はステンレスが多いです。ステンレスは錆びにくい特徴があり(錆びないわけではない)、硬度があるので、なんでもざくざく切ってしまいたい方からプロまで幅広く使われています。ただ、硬度があるということは、欠けやすくもあり、極端に硬いものは切らない方が良いようです。メーカーによっては食洗機で洗えることを売りにしているものもあります。またグローバルのシリーズのように、持ち手(柄の部分)までが刃と一体となっていてデザイン性が高く、キッチンをおしゃれに飾りたい方にも好評です。

材質での人気を見ると、ステンレス、セラミックスなどが扱いやすいようです。セラミックスは非金属で、それ故に錆びない特質があります。硬度は申し分なく、技術の進歩により切れ味も評価されるようになりました。ただ金属の包丁のように、普通に砥石で研いだりはできません(砥石よりも硬いため)。ダイヤモンドシャープナーのような専門の研ぎ器を使います。

これまで一般の家庭での使用目線で見て来ましたが、では調理のプロに人気の包丁はなにか。プロの料理人の実に八割以上が使うものがあります。
大阪堺の和包丁です。これは伝統工芸品でもあります。職人が古来の製法をによって工程ごとに分業して造り上げる一本は、工場で大量生産されるものとは一線を画します。

その切れ味は鋭く、刺身などの断面を見れば納得です。伝統的な和包丁は鉄製品が多く、その為使用後の扱いはステンレスのように放置ではいけません。錆びないようにきれいに水気をこまめに取るなど注意が必要です。ですが正しく研げば、切れ味は衰えることがありません。

最近の投稿

車の処理を考えよう

Copyright© 2014堺市の包丁が人気の理由を知りましょう All Rights Reserved.